サトシ 小説。 サトシを救え!!

覚悟しろよ…このクズ野郎!

サトシ 小説

ポケモンバトルの時に「ゲンガー、君に決めた!」って言葉でサトシ君の影から意気揚々と飛び出すゲンガーが思い浮かんだ。 「じゃあ荷物とって来るね」 「えっ、お姉ちゃんそのまま行っちゃうの?」 とマサトが心配そうな表情でハルカを見ながら言った。 2020年2月14日閲覧。 でもこれから君は幸せになれるよ!保証する! 少しずつサトシ君達と触れ合いながら愛を思い出していってね! 今作は初代推しなのかな?今のところ初代で出てくるポケモンしかまだゲットしてないけど、いや、悪いわけじゃないけど、寧ろ狂喜乱舞してるけど、ちょっとメーターがガタガタで振り切れてて……。 「俺が見たいのは違うんだぞ。 チャー……と鳴いて、ピカチュウが心配そうに耳を垂らした。

次の

第1話 それぞれの旅立ち!新たなる旅立ち!!

サトシ 小説

そんなハルカを尻目にマサトが 「博士は、そこに何をしに行くんですか?」 と尋ねた。 論理的結論て、わたくしがその気になりさえすれば……」 「デンネ!」 リーリエ「ひゃああああああああああああああぁ……ガク」 マオ「おー、よしよし。 」 と言って、さっきまで見ていたパンフレットをはるかに見せた。 っと笑った彼に目を丸くした。 ゲームのストーリーをベースに物語が進みます。

次の

第1話 設定

サトシ 小説

シンオウリーグ・スズラン大会に出場。 テレビ東京 ポケットモンスター. 「楽しいな!」 にかりと彼が笑えばより一層世界は瞬く。 初めて見るシロナの様子の驚きはあるが、語られた内容の方がインパクトが強かった。 今とあの時とではだいぶ違う。 絶対に負けない。

次の

サトシのイッシュ冒険記 ~真実の救世主~

サトシ 小説

何だかんだ、あたしも久しぶりのサトシを楽しみに……え?) サトシ「お、ユリーカ久しぶり! 元気にしていたか?」 ユリーカ「あ、うん……サトシも相変わらず元気そうで」 サトシ「ああ」 ユリーカ(あれ? あれあれ? サトシってぶっちゃけ結構なイケメンだったと思うんだけど……これ誰?) サトシ「どうしたんだ、ユリーカ?」 マオ「きっと、久し振りにサトシに会えて嬉しいんだよぉ」 サトシ「へへ、そっか」 ユリーカ(あ、そういえば。 オーキド研究所に残ったケンジと別れ、再びカスミとマサラタウンに戻っていたタケシとともにジョウト地方に旅立つ。 パートナーはです。 」 「まずポケモンをなによりも大切にする姿勢に好感を持っているわ。 それだけのことだ。 「ちょっと急かしてしまいましたかな。

次の

XYサトシinアローラ物語

サトシ 小説

2020年2月14日閲覧。 アローラはその独特な環境で『リージョンフォーム』……『』っていうのがあるって、お兄ちゃんが言っていた。 あ、そうだ。 最後はラティオスとピカチュウの相打ち。 私「私ね…失うのが怖いんだ…」 誰を?とか何で?という言葉は返ってこなかった。

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: サトシとヒロインチュウゴク地方の冒険: 次なる再会緑の少年とドラゴンバスターとサトシの明かされる過去

サトシ 小説

その後、ポケモンスクールでZワザを目の当たりにしたことや島巡りの話を聞いたこと、さらにはと出会いZリングを授かったことからそれらに興味を持ち、アローラ地方に残ってポケモンスクールに通うことを決める。 設定 サトシ この物語の主人公 明かされる真実もあります そして……イッシュ組 非常識組 に対して…… 鈍感って言うより昔のことで女の子と付き合う資格なんてないと思ってます カントーに戻ってきて……オーキド博士からチュウゴク地方があると聞き・・・カスミ、ハルカ、ヒカリ、カノン、フルーラ、ラングレー、ベル、タケシと一緒に旅に出ます 手持ちポケモン ピカチュウ サトシの最初の相棒 イッシュ組 非常識組 に対して…黒くなりますそれにピカ様は喋っています 他のポケモンも喋ってますが 技 十万ボルト、アイアンテール、電光石火、かみなり、エレキボール、こうそくいどう、ボルテッカー、でんげきは ミジュマル サトシがイッシュ地方で旅していた時にアララギ研究所からついてきた 非常識組に対しては旅してた時は何もしなかったが アイリス以外 を容赦無く技で沈める 技 たいあたり、みずでっぽう、シェルブレード、アクアジェット、ハイドロポンプ ベイリーフ シューティーに対しては容赦無く技で沈める 技 のしかかり、はっぱカッター、ずつき、つるのムチ、リーフストーム ゴウカザル 元はシンオウ地方で出会ったシンジのポケモンであった 非常識組に対しては アイリス以外 技で沈める 技 フレアドライブ、あなをほる、かえんほうしゃ、ブラストバーン、マッハパンチ フシギダネ カントー地方で旅していた時に隠れ里で出会った元はトレーナーのポケモンだったがリザードンと同じ理由弱いから捨てられたところを隠れ里の管理人ミドリさんに拾われた そのあとにサトシがバトル&ゲットした サトポケの中で現古株となっている 非常識組に対しては容赦無く技で沈める 技 ソーラービーム、はっぱカッター、つるのムチ、やどりぎのタネ、エナジーボール 今のところフシギダネ、ゴウカザル、ベイリーフが出るのは未定 カスミ イッシュでの心の傷を癒すためにマサラに来たら、サトシがまた旅をすると聞いてついて行くことにしたその時ジムリーダーは姉に任せている イッシュ組 非常識組 に対して敵視している 手持ち ギャラドス 技 かえんほしゃ、ハイドロポンプ、まもる、破壊光線 サニーゴ 技 たいあたり、とげキャノン、じこさいせい、ミラーコート ハルカ この子もサトシの心の傷の癒すためにマサラに来たら、サトシがまた旅をすると聞いて一緒に行くと言ったのだった イッシュ組 非常識組 に対して敵視している 手持ち バシャーモ 技 かえんほしゃ、スカイアッパー、オーバーヒート、ブレイズキック カメール 技 冷凍ビーム、水鉄砲、ハイドロポンプ、アクアテール ゴンベ 技 たいあたり、ゆびをふる、ソーラービーム、気合パンチ ヒカリ この子はイーストイッシュでの事を後悔して、マサラに行ってサトシに謝ろうと思ったらサトシがまた冒険すると聞いて 風の噂 一緒に行くと言った この子も イッシュ組 非常識組 対して敵視している 手持ち ポッチャマ 技 バブル光線、ドリルくちばし、冷凍ビーム、ハイドロポンプ マンムー 技 原子の力、氷の礫、突進、氷の牙 オリキャラ ミク サトシの初恋、初キスの相手サトシのもう一人の幼馴染 サトシが六歳の頃にトキワの森に入りサトシが不用意ポケモンに触れてしまいそのあとに現れたポケモンからサトシを庇って死んでしまった女の子 ちなみにそのポケモンはラフレシアです そのあとにハルカに取り憑く?というより入ったというか それに イッシュ組 非常識組 の事をよく思っていない イッシュ組 非常識組、常識組 サトシに愛想を尽かされ 仲間とは思われていないそれにアイリスやシューティー、コテツ、カベルネ、デントはもう関わりたくないとサトシは思っており常識人 ラングレー、バージル、ケニヤン、ルーク、ベル はもう一度会いたいなぁと思って居るそれに旅をしたいと思って居る 時間軸はまったくのオリジナル軸でカロス地方の前にそこに行くという事 あとピカチュウ達は人語を話すでも擬人化はしない ピカチュウは元語 元の鳴き声 も言う時がある. 』と恨み言混じりの文章に笑う。 「ピカピ!!!!」 「コウガ!」 「バオン!」 「ルチャ!?」 「ヌメェ!?」 「ファイ!?」 サトシの悲鳴を聞いて、ピカチュウたちはサトシを助けようともがくが、拘束は全く解けそうにない。 卵の状態でゲッドしてもいいけどね。 」 「……ワタルも?」 「俺か?俺も確かに好ましいと思っている。

次の

サトシとハルカの出来事リメイク (2ページ)

サトシ 小説

白の遺跡でレシラムの復活を目論むプラズマ団と戦い、ポケモンコントロールマシンを破ってプラズマ団の野望を食い止める。 僕はカロス組に向き直って指示を出した。 それを見て、全員が頷く。 君の無事は保証しよう。 」 「いい、これは戦争なの。 ケンタロスは頷き、扉を突き破るように突入した。

次の

サトシ (アニメポケットモンスター)

サトシ 小説

(あれ、この荷物いつの間に) と思いながらマサトが不思議そうに荷物を見ていると間もなく 「その荷物、足りないものはないかしら。 俺が見つけた運命はとんでもない大物だったみたいだ。 ) (おめでとう?) (そう、めでたいからな。 その膝の上にはピカチュウがちょこんと収まっており、ハルカたちに気付くと小さく鳴いてタケシの影から短い手を振った。 なんでも伝説のポケモンで戦い優勝した人がいるらしい。 」 眩しいその笑顔に頷きするりと影に入れば、もう1人の少年と共に走り出す。

次の