フロン 改正 法。 改正フロン排出抑制法(2020年4月1日施行)ポイント解説!

改正フロン排出抑制法(2020年4月1日施行)ポイント解説!

フロン 改正 法

1 フロン類が回収済みであることを確認した機器の引取り 【改正点】 機器を引き取る時点までに、引取証明書の写し等が廃棄物・リサイクル業者の手元になければ引取ることはできません。 罰則 1 フロン類未回収の機器の廃棄 【改正点】 フロン類を回収しないまま機器を廃棄した場合、行政指導などを経ることなく50万円以下の罰金が科せられます。 5kW以上 1年に1回以上 エアコンディショナー 50kW以上 1年に1回以上 7. Image by Zoltan Matuska from Pixabay 「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(以下、「フロン排出抑制法」)の法改正が実施され、2020年4月1日より施行されます。 ・年間漏えい量が一定以上の場合,国に報告してください。 (次の「充塡量及び回収量等の報告について参照) 【 提 出 書 類 】 ・. 第一種フロン類充塡回収業者に関する事項 今回の法改正により、第一種フロン類充塡回収業者に責務に「フロン類が残存しないことの確認」が追加されました。

次の

「改正フロン排出抑制法」で遵守すべき機器の点検について~点検・整備記録の作成、保存義務

フロン 改正 法

2019年5月29日に成立されました、フロン排出抑制法の改正案が6月5日に交付されました。 点検整備記録簿• スクリュー冷凍機 低温用から空調用まで幅広い利用が可能な冷凍機。 ただし、例外として、契約書等の書面において、保守・修繕の責務を所有者以外が負うこととされている場合は、その者が「管理者」となります。 地球温暖化防止に向けて、企業の責任ある行動が求められています。 <外部リンク>• 執筆者プロフィール(執筆時点) 石田 みずき(いしだ みずき) アミタ株式会社 サステナビリティ・デザイングループ マーケティングチーム 滋賀県立大学環境科学部を卒業後、アミタに入社。

次の

改正フロン排出抑制法が令和2年4月1日から施行されました

フロン 改正 法

法改正により、 業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器等の管理者が、機器を捨てる際にフロン類を回収しなかった場合、行政指導などを経ることなく、即座に罰金が科せられることとなりました。 第一種、第二種特定製品に冷媒として充填されているフロン類の破壊を業として行う者は、「フロン類破壊業者」として、 国(環境大臣及び経済産業大臣)から許可を得る必要がある。 各厚生環境事務所(支所),県庁環境保全課の連絡先の一覧です。 例)振動源を周囲に設置しない、点検・修理のために必要な作業空間を確保する、機器周辺の清掃を行う等 2 機器の点検の実施 フロン排出抑制法に基づく機器の点検は、以下の2種類です。 輸送用冷凍冷蔵ユニット 冷凍車の冷凍室の冷却装置など。 改正法:必要書類の交付・承認・保存の全て電子的に対応• 2 事前確認書面の写しの保存 【改正点】 事前確認書面の写しを3年間保存してください。 フロン排出抑制法関係法令• 5kW以上 1年に1回以上 エアコンディショナー 50kW以上 1年に1回以上 7. ・ 機器整備の際に、整備業者等の求めに応じて当該記録を開示すること。

次の

「改正フロン排出抑制法」で遵守すべき機器の点検について~点検・整備記録の作成、保存義務

フロン 改正 法

行程管理票は法定の事項を満たしていれば様式は任意ですが、法定事項を満たした様式としてが販売しており、県内では下記の機関で購入可能です。 分割版 情報処理センター関係. 機器を点検すること• 製品外観の損傷、腐食、錆び、油にじみ• 現在、法改正の検討が始まっています。 ) 点検対象機器 第一種特定製品(冷媒としてフロン類が充填されている機器) 業務用空調機器 パッケージエアコン、チラー、ガスヒートポンプエアコン、ターボ冷凍機、スポットエアコン、除湿機など 業務用冷凍・冷蔵機器 冷蔵・冷凍ユニット、コンデンシングユニット、冷凍・冷蔵庫など これらの機種は対象外です! 家庭用製品(ルームエアコン、ハウジングエアコン、除湿機等) 管理者様が取り組む内容 1.適切な場所への設置 機器の損傷等を防止するため、適切な場所への設置・設置する環境の維持保全。 アイスクリームストッカー、牛乳用ショーケースなど。 卓上型と置型がある。 弊社対象製品は全て冷媒圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7. (3)漏えい・故障等確認時の措置 ・ 冷媒の漏えいが確認された場合の点検、漏えい箇所の特定・修理。 フロン排出抑制法の説明資料 パンフレット類• 3 書類の保存義務違反 【改正点】 フロン類の回収依頼書の写し、委託確認書の写し、引取証明書を保存しなかった場合、30万円以下の罰金が科せられます。

次の

改正フロン排出抑制法の施行について(令和2年4月1日全面施行)

フロン 改正 法

事前確認の結果を書面で発注者に説明してください。 メールマガジンの発信、ウェブサイトの運営など、お役立ち情報の発信を担当。 第一種特定製品の管理者は当該製品の管理にあたり、以下の事項を厳守する必要があります。 フロン類充填回収業者は主に以下の事項に取り組まなければなりません。 罰則 ・フロン類をみだりに放出した場合,懲役(1年以下)または罰金(50万円以下)の適用対象となります。 漏えい防止措置(整備)後のフロン充填の徹底、整備時の充填回収証明書の発行• 具体的には、1回の違反で直ちに罰金などを科せる制度作りなどが挙げられており、2019年の国会での改正案成立が目指されています。 ポイントを解説します。

次の

フロン排出抑制法の対象機器は何ですか?また、点検などの義務や罰則について教えてください。

フロン 改正 法

所有者等のうち一定以上(二酸化炭素換算で、1,000t以上)フロン類を漏えいさせた者は、算定漏えい量等を国に報告する。 詳細は を御覧ください。 注意してください (リンク) に掲載されています。 そのことを踏まえると、厳しい規制は仕方ないと言えます。 5kW以上の場合は、有資格者による定期点検を行う必要があります。 第一種フロン類再生業者・フロン類破壊業者は、引き取ったフロン類について、 省令に定められたフロン類の再生基準・破壊基準に従って再生・破壊を行う。

次の

改正フロン排出抑制法 令和元年6月5日公布

フロン 改正 法

罰則について 以下のような場合、所有者に罰則が科せられます。 手引き・マニュアルなど フロン排出抑制法 管理者の手引き(初版) 分割版 フロン排出抑制法 充塡回収の手引き(初版) 分割版 フロン類算定漏えい量報告マニュアル(第2.2版) 平成31年3月に更新しました。 第一種特定製品の廃棄等の際、第一種フロン類充填回収業者に直接フロン類を引き渡す場合は回収依頼書をフロン類と一緒に渡し、写しを3年間保存してください。 ) 2.建物解体時の機器廃棄の際の取組 ・都道府県による指導監督の実効性向上 - 建設リサイクル法解体届等の必要な資料要求規定を位置付け - 解体現場等への立入検査等の対象範囲拡大 - 解体業者等による機器の有無の確認記録の保存を義務付け 等 3.機器が引き取られる際の取組 ・廃棄物・リサイクル業者等が機器の引取り時にフロン回収済み証明を確認し、確認できない機器の引取りを禁止(廃棄物・リサイクル業者等が充塡回収業者としてフロン回収を行う場合などは除く。 機器の周囲に点検・修理のために必要な作業空間を確保する。

次の